「悩み」の正体って…

今日はそもそも「悩み」って、なんで起きるのか?…ということについて考えてみたいと思います。

だって、もしも悩みが生まれなければ、ストレスも生まれなさそうですものね(^^)
そこで、「悩み」とはなんぞや??

少し哲学的な話から入りますが、そもそも生物には「生き残りたい」という本能があります。
そこで何とか危険なことから身を守ろうとする「忌避欲求」が生じます。
大抵の生物は、生き残るためと危険から身を守るために本能が発達していきます。

ですがヒトにはもう一つ、特有の欲求が生れたと言われています。

それが「より良く」という欲求なのです。

「より良く生き残りたい」
「より良く身を守りたい」
「他の人より、より良くなりたい」

この効率を求める欲求は、ヒトにとって素晴らしい戦略となり、弱肉強食の世界から家族を守り、食糧を確保し、子孫を安全に残せる「社会」を創り出す源泉となりました。

でも同時に、
「その欲求が満たされない時はどうしたら良いか?」
「他のヒトには出来るのに、自分には出来ない時はどうしたら良いか」
「より良く出来ない理由は何なのか?」

…といった問題がうまれて

「より良くという欲求」が「満たされない」状態

つまり「欲求不満」という状態が生まれたのです。

「より良く!」と強く求めれば求めるほど、その欲求が満たされない可能性も高くなります。
人より「より良く」なるためには、「より良く」能力が高くなければ欲求は当然満たされません。

そこで、羨む気持ちが生れたり、怒りが生まれたりします。
「より良くしなさい!」と強く要求されて、それに応えられなければ、それもまた要求不満になり、そこには強ーいストレスが生じます。

より良く…という欲求は、効率的になると同時に「目的」ともなります。
集団生活にとっては大変に都合の良い欲求ですが、同時にその集団について行けない人をも生み出してしまいます。

こうしてもともとヒトの進化にとって最高に便利だった戦略が、私達を「差別化」というところまで追い込んでしまったのですね…。

心理学はこうした心のメカニズムを解明します。
宗教はこれを煩悩と呼び、心から消滅させれば楽になると説きます。

私はこれら全部丸ごと学んで、要は自分でコントロール出来ちゃえば良いんじゃない?と考えます(*´∀`)

  1. 2013/03/16(土) 13:51:07|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

脳が感じる世界について


今日は「脳が感じる世界」についてのお話です(^^)

私達が日頃感じている「意識」とか「感情」って、一体どこから来るのでしょうか…。

このテーマは、むかーしから様々な人に研究されていて、もちろん今でも大きなテーマですが、
今から100年以上前にペンフィールドさんという研究者がいて、この人は今では考えられないような研究方法をとっていました。

なんと被験者の意識がある状態で頭蓋骨を開け、直接脳に電気刺激を与えて「いま何を感じるか」を、その脳が開けられた状態の被験者本人にインタビューしていました。

今では全く考えられない方法ですが、脳そのものは痛みを感じないので、実験としては成立したのでしょうねー^_^;

また現代でも「脳」についてはわからない事だらけですが、その理由はペンフィールドさんが行ったような直接的な実験が出来ないから…というのも大きな理由のひとつです。

なのでこのペンフィールドさんの実験は大変に乱暴に思えますが、現代に残してくれた実験データとしては大変に大きな功績となるのですね…。

ところで、このペンフィールドさんが残してくれた実験データによると、ある脳の領域に電気刺激を与えると「匂いを感じる」、また別の領域に与えた刺激では「明るい色を感じる」

あるいは「不安を感じる」など…私達が感じる「感情」や「感覚」のほとんどが、電気刺激によって人工的に感じさせることができる…ということです。

(なんと!お化け…というか、人影が見えるとか、人の声が聞こえるという領域もあると書かれているんですよー)

つまり私達人間も、また動物も、言葉のもつ意味や単語などによって感じているのではなく、その言葉や単語、あるいは音に含まれる「電気刺激」を感じている…ということなんですね。

つまり、「愛してるよー♪」という単語の意味に幸福感を感じるのではなく、「愛してるよ〜♪」という言葉が発する電気刺激に、私達は幸福感を感じている…ということなんですね。

そしてまた、この電気刺激は何度も何度も流れると、シナプスと呼ばれる神経細胞が繋がり「回路」をつくります。

そして同じ刺激には素早く反応出来るようになるんですね。

なので幸福の回路ができた人は「幸福の電気刺激」に素早く反応するようになり、
怒りの回路ができた人は「怒りの電気刺激」に
不安の回路ができた人は「不安の電気刺激」に素早く反応するようになる…ということなのですね。

このメカニズムを心理学では「学習」といいますが
私達は「良い事」も「悪い事」も、学習してしまうようです。

この辺りにストレスや、神経不安、依存症などのヒントがあるのかも知れません。

次回はもう少し、このあたりを掘り下げてみましょう。
  1. 2013/03/10(日) 21:04:58|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そういえば…

いつも右肩で荷物持ってます…


いつも左で噛んでます…


それだけじゃないとは思いますが

それも影響するのか?



今日は東京は寒かったので少しラクでした

今週はかなり暖かくなるとの事。

怖いわ~




ひな人形片づけないと…。


お嫁行けなくなると困るから~



あ、アタシぢゃないわよ


娘よ、ム・ス・メ 
  1. 2013/03/04(月) 19:41:44|
  2. 事務局長のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花粉症について

えっと…
事務局長も苦しんでいる花粉症についてですが(^^)

「身体の歪みが原因」と発表している学者さんがいます。

確かに背骨・骨盤・鼻筋など、歪みのある人には強い花粉症の症状が出るようです。

そして多分、こうした歪みは「歯」から来るのではないか…と、私は思います。

私の研究よると、ほんの少し前まで…
といっても江戸時代くらいまでかなぁー

死因として「虫歯」というのが大変多くありました。
古代に遡ると、ものすごく沢山の人が虫歯が原因で亡くなっています。

食べる物に砂が含まれていたり、固いものを食べ続けると
歯が欠けて、そこから虫歯になります。

それでも治療が出来ないと、歯からアゴの骨、あるいは鼻の骨などに広がり、
骨を溶かしたりしながら、徐々に顔面が歪んできます。

この歪みと骨を溶かす痛みは尋常ではないようで、
ずいぶん沢山の方が同時に心を病んでいきました。

そして人は歪みながらも、なおバランスを取ろうとして、
段々と背骨…そして腰へと歪みが広がっていきます。

例えばカバンの持ち方
いつも同じ肩に下げていないでしょうか…??

例えば噛み方
いつも同じ場所で噛んでいないでしょうか…??

虫歯は自然治癒は絶対しないので、古い虫歯があるとどうしても
噛み方にクセが生じてしまいます。

それと海外に比べて日本人は、歯に対する意識が非常に低いことで知られています。
口臭の強い人も日本にはとても多いですね。

花粉症が日本に多い杉などのせい…だけとは、もしかしたら限らないかも知れません。

まだ新しい研究なので確定は出来ませんが、
いずれにしても「身体の歪み」は心も含めて、万病の元と思います。

確か歯医者さんが出来たのは戦後だと思うのですが、
花粉症と虫歯の関係性が立証できたら、ちょっと面白いのでは?なんて思います(^^)



  1. 2013/03/03(日) 23:29:04|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

塾らしいことをしましょう(笑)


あはは(*´∀`)

塾長の私がちゃんとブログを運営しないと、事務局長エジさんが
「何かコメントせねばっΣ(゚Д゚)」と、面白いことを語りだしてしまうので'`,、('∀`) '`,、

そろそろちゃんと
塾らしいことをしてみましょうか♪

悠學塾は何をするところか…と言えば

「人とはなにか」
「人の心・人の意識とはなにか」

これを研究し、日常の生活に役立てることが出来るように、皆さんと一緒に学んでいく場所です。

また同時に「実践する」場所です。

大事なことは、学んで→実践して→また学ぶ ことです。

例えば…
今流行りの「お掃除」

キレイにすると神様が喜ぶとか、運が良くなるとか言いますでしょ??

これは確かにむかーしから言われます。
何故でしょうか??

これは「湿度」なんですね。

人間に限らず、生物は「湿気」にとても弱いのです。
何故か…
ウイルスやバイキン、もちろんカビなども繁殖しやすいから…です。
そして木も腐りやすくなります。
だから家も傷みやすいんですね…。

そこで神社などは湿気の少ない高地に造られました。

一方、お寺などは遺体を早く土に還したいので、わざわざ湿度の高い低地に
造ったんですね。

日常の生活でも、空気の中にウイルスやカビの胞子が飛び散り、
人間がそれを吸うと病気になり易くなりますし、ケガや病気は治りにくくなります。

なので昔の人は、湿度の高いジメジメした所にわざわざ、「オバケがいるよ」といって
子供などが長くそこで遊ばないように注意したのです。

こうしたことから転じて、
「神様はキレイ好き」
「キレイにすると運が良くなる」
という概念が生じたのです…ね。

ちなみに人間は危機を回避する能力を持っていますので、湿度の高い所へ行くと
脈が早くなります。

なので「オバケがいるような所」=「暗くてジメジメした所」にいくと
自然と脈が早くなり、ドキドキしたり不安になったりするのです(笑)

逆に伊勢神宮のように、湿度の低い清浄な場所に行くと脈がゆっくりになるために
「落ち着いた」「気持ちの良い」感覚になるのです…ね。



  1. 2013/03/03(日) 21:22:15|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花粉症


ぼぼ。
びぶぎょうぐじょうです。
(ども。事務局長です。…鼻が詰まってこんな風にしかしゃべれません)


昨日は風が強く

暖かかった東京。


そりゃ花粉も飛びますよ…

今朝は目が 【たこ焼き】 のようになってます。


花粉症歴32年

これから春本番。


つらいわ~





  1. 2013/03/02(土) 08:48:48|
  2. 事務局長のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

祝♥初コメント

<ダッヂさん!ありがとうspan style="font-size:large;">少し大きい文字

本当に記念すべき 文字色初コメント

よく気が付きましたね〜
私達が密かにブログを始めたこと(笑)

でも、ご覧のように、まだなーんにも出来ません
写真の投稿の仕方も、絵文字の使い方も、画面の見方すら

わかりませーん(゚∀゚)

なので、とてもとても「ブログを始めました」と、発表できなくて(苦笑)

しばらく…
私達がこのブログに慣れるまでの間

レアな「ヘッポコ記事」具合を、お楽しみ下さい(#^.^#)

ところで!!
写真はどこから投稿するのかなぁ〜〜
  1. 2013/03/01(金) 14:02:55|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

負けてるΣ(゚Д゚)


事務局長がつぶやいてる〜〜'`,、('∀`) '`,、

しかも!

私より行を空けたり、絵文字を使ったり

出来てるっ Σ(゚Д゚)

私はまだ絵文字の使い方すら分からないし(笑)

ところで、寂しいね(=^・^=)

まだ誰にも知られていない、このブログ。

エジと私の交換日記みたい(大笑い)(^◇^)
  1. 2013/03/01(金) 06:17:46|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1