脳が感じる世界について=その2


少し前に「脳が感じる世界について」

私達の脳は、単語の意味や、食べ物の味に感動したり、がっかりしたりしているのではなく
その言葉や味が発する「電気刺激」によって、感動したり、がっかりしたりしているのだ…

というお話をしました。

これはペンフィールドさんという人の研究によって明らかにされたものですが、
お化けをみたり、声が聞こえたりする不思議な現象も、人工的に脳に電気刺激を与えることによって被験者に感じさせることができたりします。

そして私達の脳は、この電気刺激によって「シナプス」と呼ばれる回路を作ります。
そしてこのシナプスは、次に同じ電気刺激が起った時、より素早くこの電気信号を伝達するように働きます。

これを心理学では「学習」というのですが…

これには良い面も、悪い面も、あります。

例えば、英単語を繰り返し、繰り返し、書いたり音読したりするのは、
このシナプスを作るためです。
同じ電気刺激を、何度も何度も繰り返すことで、脳の神経を作っているのですね。

ですが、例えば
赤ちゃんにウサギのぬいぐるみを与える度に、大きくて不快な音を聞かせて、赤ちゃんを泣かせます。
これを何度か繰り返しますと、赤ちゃんはやがて「白いもの」を見ただけで泣くようになってしまいます。

これが「神経症」です。

厄介なことに、こうした神経症は、元が「ウサギ」だったのに、
似た刺激…例えば「白いもの」や「赤い目」などにも反応するようになったりします。
そして、その反応の仕方は個人それぞれで、本人さえも何に反応しているのか、分からないこともしばしばです。

特に子供の頃の経験で、大人になってから、その経験そのものは忘れてしまっているのに
「何か」に反応して、恐怖を覚えたりするのですね。

この完全に忘れてしまっているのだけど、怖い何か…のことを「トラウマ」と言います。

例えば小さい頃、叱られる度に押入れに閉じ込められていた子供が、大人になってトイレに入る度に過呼吸を起こすようになったり

交通事故を経験した赤ちゃんが、大人になってレースゲームをしていた時、突然てんかんのような発作を起こすなど

本人さえも何故そんな症状が自分に出たのか、わからない…なんてことになってしまいます。

私達人間の脳の、もっとも素晴らしい特徴は「忘れること」だと言われたりしますが
特に、苦しいことや悲しいこと、辛いことは、記憶を曖昧にしたり、忘れたりすることによって

心を守り、感情を安定させようとする働きがあるようです。

苦しい経験を「忘れる」ことによって、
うまく行けば、心が守られますが、
失敗するとトラウマになり、神経症が出たりしてしまうのですね…。

いまマスコミなどで、新型うつですとか、アダルトチルドレンですとか
さも精神病のように言われたりしていますが

全ての心の病が=精神病ではありません。

むしろ世間で言われている心の問題のほとんどが、この「神経症」です。

神経症とは前述したように、「何か」を学習してしまった結果であり
「病気」ではありません。

だから薬では治らないんです。

学習した結果を薬で治せるなら、より良く学習できる薬(頭の良くなる薬?)があってもおかしくないですものね(笑)




  1. 2013/09/19(木) 15:13:18|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

待っていますよー

メッセージをくれた由紀さん。

悠學塾はそういう「気付き」をとても大切にしています。

一度にたくさんの人達に、同時に伝える事ができるメッセージと
少人数に、じっくりと、しっかりと伝えないと届かないメッセージがあります。

本当に大切なことは、しっかりと相手の目を見て、時間をかけて話さないと
伝わらないものです…ね(^^)

私は芸能界にいたからこそ、この違いがとてもよくわかります。


ぜひ、いらして下さい。

待ってますよー'、('∀`)
  1. 2013/09/19(木) 13:38:19|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いよいよ悠學塾第二期始動!


事務局長・えじさんです。

やっと朝晩は過ごしやすい季節になりましたが…。
竜巻、台風、土砂崩れ…
各地で被害が出ているようです。

ニュースを見ながら心配しております。




さて
いよいよ悠學塾第二期の開始まで10日余りとなりました。


夜の開講を希望されていた方も多く
大変好評をいただいております。

セミナー形式で3カ月ごとにテーマを絞り1つのテーマを掘り下げていきます。

詳しくは
http://takabe-tomoko-yu-gakujuku.com
(高部知子 悠學塾 で検索) 
をご覧ください。



第一期ではたくさんの素晴らしい出会いがありました。
住んでいる場所も、職業も、年齢も様々で
悠學塾に関わらなければ一生出会えなかった人たちと知り合えました。

この【仲間】は悠學塾から貰った私の宝物の一つです。

そして
昔から友人として傍で見てきた私は(それこそ中学校の頃から…(笑))
高部塾長の探究心、研究熱心さ、読書量や勉強量には感服していましたが

改めて悠學塾に関わり「この人、ただモンじゃないな~」と
思うことしばしば…です。

その高部塾長が長年勉強して身につけてきた【知識】を
エッセンスとしてで学べる悠學塾は素直に“すごいな~”と感心するとともに
知識を共有できたことは、もう一つの私の宝物です。


第二期での新たな出会いや、知識を得ることを
事務局長の私自身も開講をとても楽しみにしております。






  1. 2013/09/16(月) 22:33:31|
  2. 事務局長のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0