「悩み」の正体って…

今日はそもそも「悩み」って、なんで起きるのか?…ということについて考えてみたいと思います。

だって、もしも悩みが生まれなければ、ストレスも生まれなさそうですものね(^^)
そこで、「悩み」とはなんぞや??

少し哲学的な話から入りますが、そもそも生物には「生き残りたい」という本能があります。
そこで何とか危険なことから身を守ろうとする「忌避欲求」が生じます。
大抵の生物は、生き残るためと危険から身を守るために本能が発達していきます。

ですがヒトにはもう一つ、特有の欲求が生れたと言われています。

それが「より良く」という欲求なのです。

「より良く生き残りたい」
「より良く身を守りたい」
「他の人より、より良くなりたい」

この効率を求める欲求は、ヒトにとって素晴らしい戦略となり、弱肉強食の世界から家族を守り、食糧を確保し、子孫を安全に残せる「社会」を創り出す源泉となりました。

でも同時に、
「その欲求が満たされない時はどうしたら良いか?」
「他のヒトには出来るのに、自分には出来ない時はどうしたら良いか」
「より良く出来ない理由は何なのか?」

…といった問題がうまれて

「より良くという欲求」が「満たされない」状態

つまり「欲求不満」という状態が生まれたのです。

「より良く!」と強く求めれば求めるほど、その欲求が満たされない可能性も高くなります。
人より「より良く」なるためには、「より良く」能力が高くなければ欲求は当然満たされません。

そこで、羨む気持ちが生れたり、怒りが生まれたりします。
「より良くしなさい!」と強く要求されて、それに応えられなければ、それもまた要求不満になり、そこには強ーいストレスが生じます。

より良く…という欲求は、効率的になると同時に「目的」ともなります。
集団生活にとっては大変に都合の良い欲求ですが、同時にその集団について行けない人をも生み出してしまいます。

こうしてもともとヒトの進化にとって最高に便利だった戦略が、私達を「差別化」というところまで追い込んでしまったのですね…。

心理学はこうした心のメカニズムを解明します。
宗教はこれを煩悩と呼び、心から消滅させれば楽になると説きます。

私はこれら全部丸ごと学んで、要は自分でコントロール出来ちゃえば良いんじゃない?と考えます(*´∀`)

  1. 2013/03/16(土) 13:51:07|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<生きるって… | ホーム | 脳が感じる世界について>>

コメント

ブログ開設おめでとうございます

悩みは自分で造っているものなんですね。とはいえ、その習慣を一気に変えるのは難しい。またいろいろ教えて下さい!
  1. 2013/03/23(土) 20:17:44 |
  2. URL |
  3. てつじ #790CxkE6
  4. [ 編集 ]

凄い!!

本当に凄い 頭がさがります。私はまだまだ人より良くありたいし誰かに認めてもらいたい 自己分析は出来てもそこから抜け出せない 完璧アダルトチャイルドです。
心理は少しかじって
今NPO法人いじめ対策プロジェクトに参加してます。他人の事は傾聴出来ても自分の事は消化出来ない そんな苦しみの中でもがき続けてます。

明後日から不登校の子どもと保護者の居場所『ひなたぼっこ』を開所します。私は単なる傾聴ボランティアですが…自分も子ども達と一緒に少しでも成長できたら…暗いトンネルを抜け出すことが出来るでしょうか?
高部さんに拍手を送ります。
  1. 2013/04/06(土) 00:18:49 |
  2. URL |
  3. ひまわり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yu-gakujuku.com/tb.php/12-45f9b486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)