優秀な遺伝子のつくり方って?

先日、脳科学者の中野信子さんに、こんな話を伺いました。

マウスの実験で、頭の悪いマウスを人工的に作ることが出来るのだそうです。
これだけでも「頭が良い・悪い」は人が任意に作れるのか?と驚いたのですが

その「頭の悪いマウス」が子供を産むと、遺伝的に「頭の悪いマウス」が産まれるわけですが、
その「頭の悪いマウス」を非常に整った良い環境で飼育し、子育てをさせますと、育てられた子供は「頭の良いマウス」になり、その子供も「頭の良いマウス」になるのだそうです。

つまり非常に整った良い環境で育つと、親も子も頭が良くなり、且つそこからは遺伝的にも優秀になっていくんですね。

この連鎖はメスにだけ起こる現象で、オスはいくら良い環境で育てても、その子供が頭が良くなる…ということにはならないそうです(苦笑)

ちょっと育メンパパには、切なくなるような実験結果ですが…
母体及び子供の育成環境が、如何に重要か…を示唆している気がします。

私は常々、何歳になっても「学ぶこと」は大変に重要だと思っています。
特に女性がきちんと学び、精神的に安心した余裕ある環境で子育をすることは、これからの時代もっともっと重要になると思っています。

良い子供が育たなければ、良い国など出来るわけないのですから…。

そして何より重要なことは…
その国家を支えるくらいに優秀な男性も…必ず「母」から産まれるわけです。

…ということは、今の政治がどうのこうのと批判する前に、未来の優秀な国の担い手を産み育てることができるのは、女性の皆さんにしか出来ない!ということです。

お母さん!
そして未来のお母さん!

古くさいと言わずに一生懸命勉強して「良妻賢母」目指しましょ♪
  1. 2013/04/22(月) 15:09:59|
  2. 塾長
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悠學塾・第二期生募集 | ホーム | 生きるって…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yu-gakujuku.com/tb.php/14-7e666fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)